腰ヘルニアになると日常生活に支障をきたす可能性があります。 また、発症した場合、改善するのに時間がかかりますし、完治できないケースもあるので、発症する前に抑えることが大切です。 ちょっとした工夫で腰ヘルニアは予防できます。 その予防方法は以下の通りです。 ・同じ姿勢のままでいない ・過度なダイエットをしない ・中腰での作業を少なくする ・猫背を直す ・腰に負担をかけない まず、同じ姿勢のままでいないことが大切です。 1日中同じ姿勢でいると腰への負担が大きくなり、発症リスクを高めてしまいます。 過度なダイエットも危険です。 過度なダイエットをするとカルシウム不足に陥ることが多く、これが原因になって腰ヘルニアを発症させる場合もあります。 中腰というのは腰に負担をかける体勢なので、そういった作業をできる限り少なくしてください。 猫背も腰への負担が大きいため、背筋を伸ばして生活するようにしましょう。 この他にも腰に負担をかける動作はたくさんあるので、なるべく腰への負担をかけない生活を心がけてください。